一歩一歩・・・ママになれる日までパパと二人歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS D1 2011年始動…選択を迫られる

<<   作成日時 : 2011/01/10 15:33   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1度ガッツリ下がった体温でしたが、その後ちょっぴり上昇
低空飛行、綱渡り状態ながらも
一応低温期の平均からは0.3度以上の差を保っておりました。
昨夜、トイレで少量の出血を確認。本日リセットしました。
結局、当初(?)の目論見通り周期23日 短っ!
昨年8月の最後の移植が終わって以降、
ホルモン補充等なしの平均周期は25日になってしまいました。


そしてリセット1日目の今日は2011年の通院初めでした。
年末に受けたMRI検査の結果を聞きに…
今後の治療について具体的に進めるかな〜と思いながら
向かいましたが…。



院長からのお言葉は想定外…
一人になり数時間経っていますが、
ちょっと未だ受け入れられていません。
うーん・・・心と頭が付いて行かずにいます。



MRI結果からの院長所見は 要、手術



これを聞いた途端、頭が真っ白になってしまいました。
今まで、手術後筋腫が再発しているのは知っていましたが
いずれも妊娠に問題は無い
 ( ⇒ 内膜に接していないから )と聞いていたし…
だから、今回も数や大きさ、筋腫のある場所の把握が出来て
次に進めるものとばかり思い込んでいました。

それが、院長から出てきた言葉は 『 手術 』
一瞬にして、目の前から時間が無くなると感じ、
何も考えられなくなりました。

続いて 
『 年齢が高いから、さきに採卵をして手術に臨むか…
手術をするか…
どうします? 』


と選択を迫られました。

『 手術が必要ですか? 』と聞くのが精いっぱい。

『 このまま移植を進めたとしても同じ結果(陰性)だと思うよ 』

咄嗟的に

『 年齢も年齢ですから、先に採卵しておきます 』

とは答えましたが、
心の中はグルグル、グルグル
『 また手術…また手術… 』
受け入れられずにいました。


ここまで治療は進めてきたけど、またふりだしに戻るみたいな…。

というか、これは諦める選択をする時なのか…とも。。。



涙が出そうになるのをこらえて駅まで歩き電車に乗り
会社に向かいました。
早く一人になりたかった。
  



ランキングに参加しています。
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村 
ポチッと応援いただけると励みになります
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ





画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

結婚レシピ

  



presented by 地球の名言



結婚レシピ
D1 2011年始動…選択を迫られる 一歩一歩・・・ママになれる日までパパと二人歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる