一歩一歩・・・ママになれる日までパパと二人歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 採卵結果…新鮮胚移植は断念

<<   作成日時 : 2011/02/17 16:23   >>

トラックバック 0 / コメント 5

昨日D12、無事に採卵終了いたしました。
会社は何も話さず、半ば強引に『 1月の休日出勤の代休取りま〜す 』 と休みました。
採卵後の痛みも昨日はゆっくり歩いてもその振動が辛いほどでしたが
1晩明けた今朝はもう大丈夫
では、長くなりますが昨日の様子です。
お時間のある方だけどうぞ…


さて新クリニックでの初めての採卵
前日からhCG注射の影響でお腹のハリと痛みは少しあったものの
『 多くても3コかぁ〜 AIHに切り替えもアリなのかなぁ〜 』
とちょっと重い足取りでへ向かいました。

採卵前日22時以降絶飲食。
但し、注意事項として…脱水症状回避の為就寝前、起床後に1杯ずつお水を飲んでおくこと。
8:30来院指定(8:25到着)
ドアの前には私を含め、4人の患者さん。
受付後、パパは携帯を渡され採精室の準備が出来次第、採精へ。
私は内診へ。。。いつも通りの瞬察で
『 はいっ、卵ありますね〜。じゃ、入院しましょう 』ということで、採卵決定
瞬察で左右両方確認した感じもないけど院長には見えているらしい。
モニターで私が確認できたのはまぁるい卵が2コ
『 そっかぁ・・・そっかぁ・・・ 』 と内心ガッカリ。

その後、今日使わせて頂くリカバリールームへ案内される。
お部屋は1番大きいお部屋という事もあり、広めのビジネスホテルの1室みたい。テレビも付いていました。
用意された使い捨てのガウンとショーツに着替え待機。
ガウンの下にはTシャツ着用。
靴下の着用も可だったので、お守り代わりに昨年ブロ友さんに頂いた靴下を持参して履きました。(採卵中も着用可)
なので、お部屋の暖房もありますが、寒くありませんでした。

体温 36.4 血圧 111/60 で問題なし。
採卵時の麻酔使用は選択可能ですが、迷わず麻酔使用でお願いしていました。麻酔のショックやアレルギーを予防する麻酔前の注射をお尻にブチッとしてまだ待機。
9時前には採精を終えたパパもお部屋にきたので、2人でテレビを見ておしゃべりしながら、うつらうつらしながらまだ待機。
5部屋かなあるリカバリールームは全て使われていたようで
私が1番最後の採卵だったようです。
結局手術室に入ったのは10時を少し回ったくらいでした。
手術室には3名の看護師さん。
右腕には点滴と酸素濃度計。左は血圧計。
看護師さんの 『 麻酔、入りますよ〜。眠くなりますからね〜 』 の声の後すぐに落ちたようです。
『 んっ 痛いっ 』 と感じた直後、看護師さんの 『 はいっ めぃさ〜ん、ストレッチャーに移りますよ〜 』の声でした。
短く深く作用するようで、今までの経験ではなかなか醒めにくかったのですが覚醒は早かったです。

以前の病院では術後の飲料水は各自持参でしたが、こちらではお水もその後の温かいお茶類も用意してくれました。しかもパパの分まで お茶・紅茶・コーヒーにコンブ茶まで充実
それに用意されたこちら
画像

サンドイッチ〜 これは2人で分けて食べました。ウマかった

暫くやすんでいると培養士さんが今日の採卵結果の報告に来てくれました。
採卵結果 9コ (空胞なし)

なんと驚きの9コ
全てが成熟か未成熟もあるのかはこの時点では不明ですが、空胞は無かった3コ以下だと思い込んでいたので驚きでしたが、思わず顔がほころんでしましました。
採精、調整結果や採卵した卵をこの後どのように培養していくのか説明を受け、受精は通常のIVFで行うこと、万一受精しなかった場合にはレスキューICSIを行ってもらうことなどの確認をしながら決めました。

採卵2日前の E2 3115.0 ホルモン値は正しかったんですね〜。
そしてこのE2の値がクセモノ
新鮮胚移植可能な値は1500以下ということで、倍以上ある私は当然ながら不可 今まで1度も新鮮胚移植をしたことがなかったので今回は出来るかなと少し期待もしていました。無理を言えば出来ないこともなさそうでしたが、限り少ない胚を体の状態が万全でないのに戻す意味もないと判断。
それに戻すと黄体補充(hCG)することになり、OHSSは進行してしまう。有休はもちろん、1月の代休もまだ4日もあるけれど今休める状況に無いのに戻してOHSSが酷くなったら… そう考え諦めました。
なので、9コすべてを胚盤胞まで培養し凍結 ダイジョウブ?
私の場合、過去9コが結果1コという散々な結果もあるのですが賭けました。
『 はらたいらさんに全部 』 ドーン というより、『 篠沢教授に全部… 』と声がちっちゃくなっていっちゃうような心持の賭けですが… ここからは何も出来ることは無いので静かに待ちます。

この後、抗生剤の注射と卵巣の腫れを抑える為の注射(ガニレスト)を打ち、リカバリールームにてお会計。自費扱い分はカードOKなのでカード払いで済ませ、退院は13時半位だったと思います。
上にも書きましたが、採卵当日の昨日は歩くのもしんどかったお腹の痛みですが、痛み自体は今日は大丈夫 お腹のハリはちょっとだけありますが、大丈夫です。
ただ腫れのピークは採卵から2〜3日後の(金)(土)ということで注意が必要とのことでした。発熱や痛みなどあった場合はすぐに病院へすぐ電話、診療時間外は院長の携帯へ電話をということでした。
今日の午前中には看護師さんから携帯に電話があり体を気遣って頂きました。
昨日の採卵後といい、今日の電話といい至れり尽くせりな感じ

そうそう気になる受精結果、分割確認、凍結確認ですが…
吐きそうになるほど緊張してしまう電話ですが  こちらの病院ではメールで途中経過、結果を報告してくれます。
吐くほどの緊張は回避しましたが、いつ来るか分からないので心の準備の無いままに開いてしまうと… 良い結果なら何も問題は無いのですが…なんせ大きな賭けですから


今は…少なくとも今週中は仕事はそこそこにして、体を労わり過ごしたいと思います。
我慢していたコーヒーも甘いものも解禁
自分を甘えさせしゃおうっと 


応援してくれたお友達たち…ホントありがとう



すぐにお返事できないかもしれませんが、コメント欄開けてみました。
遅くなっても許しちゃるって方がいらっしゃいましたらお願いします
頂けたら嬉しいです 


こちらセカンドブログ
一歩一歩・・・ママになれる日までパパと二人歩き(pigg編)
    よかったら遊びに来てねん 






画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
採卵お疲れ様でした。
9個すべてが受精、分割となりますように。
今日は無理せずゆっくり過ごして下さいね。
ハイネ
2011/02/17 16:59
すご〜い!9個も卵ちゃんとれたんですね!
前回の記事を読んで「2、3個でも元気な卵ちゃんができてくれれば!」なんて思っていましたが、卵ちゃんも、めぃさんの身体もとっても頑張ってくれたんですね。
新鮮胚移植ができないのは少し残念ですが、きっとふかふか万全の寝床をつくって卵ちゃんをお迎えできるようにということだと思います。
9個の卵ちゃんがみんな受精・分割して、次周期元気な胚盤胞になってめぃさんのお腹に戻ってきてくれますように!
採卵お疲れさまでした。ゆっくり休んでくださいね。
Aurora
2011/02/17 19:00
うわ〜♪予想外でそれがいい方に動くなんて嬉しいっ^^
よく「数じゃない」なんて言われるけど、そんな悠長なこと言ってる場合じゃないもんね。
わかるよ。すご〜くわかる。
今はゆっくり休んで来るべき移植周期を万全でお迎えくださいませ♪
やったね^^
めぃ’s 卵巣ちゃん。すんごくがんばりました〜
(あ、もちろんめぃちゃんも頑張った!ぐふっ
umi
2011/02/17 20:45
ス、ス、スバラシイ
あれれ?めぃちゃん30代だったっけって思っちゃったw
本当良かったね〜♪
卵確認がメールだと、私なら朝から受信ボタン連打してしまいそう^^;
無事受精分割してますように☆
MARIT
2011/02/18 08:45
ハイネさんへ
ありがとうございます。
採卵当日は余の痛みにどうなる事かと思いましたが、1晩明けたら大丈夫でした。
ハイネさんもお迎え周期スタートですね。応援してます。

Auroraさんへ
いつもありがとうございます。
その後の経過は後でアップしますね〜。
…にしても1年ってあっという間でしたね。

umiさんへ
umiさんに貰った靴下大活躍だったよ〜ありがとねん

MARITさんへ
きゃーっMARITさんお久しぶり元気でしたかぁ〜
今朝の確認メールは予定時間より早く来て思わぬカウンターパンチを喰らってしまいました。。。次の記事を読んで下され。。。
めぃ
2011/02/18 13:15
結婚レシピ

  



presented by 地球の名言



結婚レシピ
採卵結果…新鮮胚移植は断念 一歩一歩・・・ママになれる日までパパと二人歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる